INSERT INTO sites(host) VALUES('schooljp.net') 1045: Access denied for user 'www-data'@'localhost' (using password: NO) schooljp.net Estimated Worth $369,221 - MYIP.NET Website Information
Welcome to MyIP.net!
 Set MYIP as homepage      

  
           

Web Page Information

Title:
Meta Description:
Meta Keywords:
sponsored links:
Links:
Images:
Age:
sponsored links:

Traffic and Estimation

Traffic:
Estimation:

Website Ranks

Alexa Rank:
Google Page Rank:
Sogou Rank:
Baidu Cache:

Search Engine Indexed

Search EngineIndexedLinks
 Google:
 Bing:
 Yahoo!:
 Baidu:
 Sogou:
 Youdao:
 Soso:

Server Data

Web Server:
IP address:    
Location:

Registry information

Registrant:
Email:
ICANN Registrar:
Created:
Updated:
Expires:
Status:
Name Server:
Whois Server:

Alexa Rank and trends

Traffic: Today One Week Avg. Three Mon. Avg.
Rank:
PV:
Unique IP:

More ranks in the world

Users from these countries/regions

Where people go on this site

Alexa Charts

Alexa Reach and Rank

Whois data

Who is schooljp.net at whois.wildwestdomains.com

No match for "schooljp.net" in the registrar database.

Front Page Thumbnail

sponsored links:

Front Page Loading Time

Keyword Hits (Biger,better)

Other TLDs of schooljp

TLDs Created Expires Registered
.com
.net
.org
.cn
.com.cn
.asia
.mobi

Similar Websites

More...

Search Engine Spider Emulation

Title:先生との面談にまつわる話
Description:'先生との面談というとまず思い浮かぶのが、中学校のとき高校進学で親も交えた3者面談です。'
Keywords:'面談,選択肢,中学校,通信簿,面談,先生,'
Body:
先生との面談にまつわる話
先生との面談というとまず思い浮かぶのが、中学校のとき高校進学で親も交えた3者面談です。
先生との面談にまつわる話
Hot Entry
高校の時に先生と面談をしたことがあります先日、小学生の息子の担任の先生との保護者面談を終えました先生との面談と聞くと、とてもドキドキしたのを覚えています先生との面談と聞いてまず思い出したのが多分今でもあると思うのですが子どもが学校でお世話になっているので幼稚園に始まり小中高校と自分の将来のことを考えたらこれは私が中学3年生の頃の話です私は高校卒業を目前にして記事一覧(23)
38才、女性のエッセイ : 先生との面談というとまず思い浮かぶのが
先生との面談にまつわる話
先生との面談というとまず思い浮かぶのが、中学校のとき高校進学で親も交えた3者面談です。今で言う優等生だった私は、志望校を聞かれたこともありませんでした。勝手に誰もが地域で1番偏差値の高い高校へ行くものだといつのまにか決め付けていて、ほかの選択肢は一切認められない、そんな雰囲気でした。だから中学校3年の面談のときも、進学先をどこにするかなどの話ではなく、当時クラス委員をしていたためどうやってこの慌ただしい時期のクラスをクラス委員長としてまとめていくのか、という話ばかりされていました。親も私がその進学校に進むものだと思い込んでいて、その面談の内容にとくに不満ももらさずのんびり話をしていて、私だけが蚊帳の外といった感じでした。面談が終わった後に「今日の面談、私の進路についての話がまったくなかった」というと「そうだったけど、別に決まっているんだからいいんじゃない」という親。「なんだ、自分には何の自由も希望も選択肢も最初からなかったんだ」と悲しく思ったのを強く覚えています。38才、男性のエッセイ : 私も子供がいるのですが私も子供がいるのですが、この時期は先生が新しい保護者との交流も兼ねて、家庭訪問が行われます。その時に先生との面談を行うのですが、先生が言った言葉にちょっと引っかかり質問したことがあります。それは先生が子供の担任を受け持って2年目のことだったのですが、勉強も運動も特に苦手な科目がなく、どれも人よりも優れていると感じますと言ったのです。しかし昨年の通信簿を見て見ると、どれも普通で場合によっては頑張りましょうがあったりして、言っている事と矛盾している点があったので、逆に質問しました。どれも優れているのであれば通信簿で頑張りましょうは無いのではないか、と質問したら、苦笑いしながらそうですよね、とごまかしてきたのです。結局担任の先生は何も子供ことを理解していなかったのです。このことが先生との間を作りギクシャクした関係になってしまいました。それからはあまり面談をしないようになりました。
ul
RECOMMENDプログラマーの専門学校について(東京スクール・オブ・ビジネス)
Copyright (C)2014先生との面談にまつわる話.All rights reserved.

Updated Time

Updating   
Friend links: ProxyFire    More...
Site Map 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 20 30 40 50 60 70 80 90 100 110 120 130 140 150 160 170 180 190 200 250 300 350 400 450 500 550 600 610 620 630 640 650 660 670 680 690 700 710 720 730 740 750
TOS | Contact us
© 2009 MyIP.cn Dev by MYIP Elapsed:35.649ms